水切り吸水マット

ニトリ 水切り吸水マット

わたくしのうちは共働きです。

それぞれなんとなく役割は決まってはいるものの、しかしながらお互い空いている時に、やれることをやれる人がやる、というのが行動原理となっています。

最近嫁さまが仕事がかなり忙しなってきており、家事全般をわたくしがほぼほぼすべてやっております。

そうするといままであまり関心がなかったことにも目が向くようになるんですね。

たとえば・・・洗った食器類をいかに省スペースで効率よく乾燥させられるか。

ずっとうちでは水切りかごを使っております。


まぁ普通こういうのをみんな使っているんですよね~、なんつって。


おやおや、これはニトリさんではないですか、何かご用でしょうか?


ふむふむ、ほほう~これは良いことを聞きましたぞ。


かごではなく、「水切りマット」を使うと便利とな!


https://www.nitori-net.jp/ec

ニトリの「水切りマット」は、サイズはS、Mの2種類を用意。

Sは、サイズ:幅50×奥行38、Mは、サイズ:幅60×奥行45。

https://www.nitori-net.jp/ec

このマットは、表面(表と裏)はポリエステル地ですが、中にウレタンが入っており、ほどよい弾力性かつ吸水性能があります。


そしてマットだけでなく、「プレートスタンド」がセットになっており、これを使ってお皿やコップを立てれるんですね。

https://www.nitori-net.jp/ec

かごではなくマットであることの一番の利点はなにより、省スペース化。

使用中はかごと同じスペースを使うとしても、使わない時には洗って水分を絞り、キッチンのどこかに干しておけるので、マットを敷いていたスペースはまるまる作業に使えるというわけ。

とても省スペースというわけ!

とても便利というわけ!

ありがたいアイテムというわけ!

欲しくなるアイテムだというわけ!!


吸水マット

ニトリ セルローズ吸水マット

「驚きの吸水力を実現ッ!!」

CMだったら女性の生理用品かと思ってしまうコピー。

しかしながら、「吸水力」が求められるのはそれだけに限りません(そりゃそうか・・・)。


「自重の10倍の吸水力を実現ッ!!!!」

ちょ・・・これ人だったらつまり自分の体重が60キロだとしたら、600キロまでぷく―――ッと水分でまん丸くなるってことですか!?(そんな単純な話じゃねーし)。

主にキッチンで使用する、とても便利な吸水マットは各メーカーからいろいろ出ておりますが、今回はわたくしが贔屓にしているニトリの「セルローズ吸水マット」を紹介したいと思いますよ。

勉強しよう。


さらりと言いましたが、セルローズとは何ぞや。


正体は天然の木質繊維。


大きな特徴として、自然が作った小さな空気の粒を含んでおり、様々な繊維が絡み合い、空気の層を作り出しているそうな。

さらに、その繊維の中にも自然の空気胞が存在しているとか。


そのため、断熱材として重宝されているようですが、吸放湿性も高いため、今回のような「吸水マット」としての利用も可能なわけですね。

          https://www.nitori-net.jp/ec/product/

天然素材だということもポイント。


今の時代に合っています、これ重要。


さて、この商品ですが、袋には四つ折りの状態で入っていますが、広げると意外と大きく、縦:32cm、横:48cmのサイズ感。


厚さは7mm。

          https://www.nitori-net.jp/ec/product/

10倍まで吸水するなら、8cmとかになるんですかね?(だからそんな単純な計算じゃねーから!)。

スポンジのように柔らかいため、ハサミで簡単にカットできます。

うちでもそうですが、シンクやキッチンまわり全般の水分や汚れを拭き取るのにとても便利ですよね。

速乾性が高いから衛生的ですし。


一つ注意点が。

使用前に準備が必要です。

購入して使うまえに、2~3回ほど水洗いすることが推奨されています。

「なんかいい吸水マット・ふきん」を探しているそこのあなた!!

これなんてどうでしょう??オススメですよ!!

プロフィール